高座清掃施設組合廃棄物処理手数料条例

昭和47年3月30日条例第8号

 

高座清掃施設組合清掃手数料条例(昭和42年条例第2号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この条例は、高座清掃施設組合規約(昭和38年県指令38地第812号)第3条の規定による塵芥及びし尿の終末処理に関する処理手数料について必要な事項を定めるものとする。

(処理手数料)

第2条 一般廃棄物の処理手数料は、別表に定める額とする。

2 前項の手数料徴収の基礎となる数量は、組合長の認定するところによる。

3 組合長は、天災その他特別の理由があると認めるときは、一般廃棄物処理手数料について、前2項に定める手数料を減免することができる。

(納入義務者)

第3条 前条第1項及び第2項に定める一般廃棄物処理手数料は、土地建物の占有者(占有者がいない場合は管理者)、事業者又は搬入業者から徴収する。

(徴収の時期及び方法)

第4条 第2条第1項及び第2項に定める一般廃棄物処理手数料の徴収は、廃棄物を組合施設へ搬入したときに徴収する。

2 前項によりがたいものは、別に定める納入通知書又は組合長が任命した者により徴収する。

(委任)

第5条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

 

附 則

この条例は、公布の日から施行し、昭和461224日から適用する。ただし、清掃手数料条例の全部改正については、昭和47年7月1日から施行する。

附 則(昭和51年4月1日条例第1号)

この条例は、昭和51年4月1日から施行する。

附 則(昭和531220日条例第3号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和5311月1日から適用する。

附 則(昭和55年7月22日条例第1号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和56年3月30日条例第2号)

この条例は、昭和56年4月1日から施行する。

附 則(平成4年3月31日条例第1号)

この条例は、平成4年7月1日から施行する。

附 則(平成7年3月31日条例第20号)

この条例は、平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成8年3月29日条例第17号)

この条例は、平成8年4月1日から施行する。

附 則(平成9年1225日条例第2号)

この条例は、平成10年4月1日から施行する。

附 則(平成12年3月30日条例第1号)

この条例は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成141219日条例第3号)

この条例は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成22年3月30日条例第3号)

この条例中第1条の規定は平成22年4月1日から、第2条の規定は平成22年7月1日から施行する。

 

別表(第2条関係)

種別

取扱区分

手数料

し尿

海老名市、座間市及び綾瀬市(以下「構成三市」という。)で処理することができると認められたもの(構成三市の直接搬入は除く。)

1リットルにつき11

上記以外の一般廃棄物

構成三市で処理することができると認められた事業活動に伴って排出された一般廃棄物

1キログラムにつき25

前項以外の廃棄物

1キログラムにつき25

備考 組合長が認定する手数料の基礎となる数量は、組合の計量機による。